FXは、チャートの動きを上手く予想できれば利益が出ますが、予想が外れれば赤字が出るということを忘れてはいけません。
当初想定していた金額の投資だけではなく、それよりも大きく費用がかかる可能性があります。
レバレッジのように資本金を何倍かにして取引をすることもできてしまうので、入門者にとって為替は諸刃の剣と言えます。


◆FXの基本は為替差

基本は、チャートの動きを予測してドル円が動くタイミングを狙います。
チャートとは、市場の円ドルを表す複雑な折れ線グラフのような表示のことです。
ドル円のどちらでも対応できるため、「安いときに買って高いときに売る」か「高いときに売って安いときに買う」という2つの取引ができます。
基本的には、為替が1円動けば、実際の金額は1万円動きます。
そのため、ドル円が80円から100円に上がれば、20万円もの金額が動くことになるというわけです。
これを為替差益と呼びます。


◆減ることを忘れてはいけない

上手く予想できれば良いですが、赤字が出る時は出てしまいます。
アベノミクスのようにわかりやすい財政改革があれば良いのですが、それでも常に上がり続けるというわけではありません。
チャートを見ればわかりますが、いくつもの「山」と「谷」が出来ていることがわかります。
全体を見れば上がっているとわかりますが、点で見ると難しいのがFXです。